幕末、日本は大きく変わろうとしていた。いや、ペリー来航以来日本は変わらずにはいられなかった…。
不平等条約、夷狄を追い払えずいた弱腰の幕府、帝を中心に新しい政府を作り夷狄を追い払おうとする勤王派、幕府を立て直し体制を維持しようとする佐幕派、この2つの勢力の争いは日本中を巻き込み時代の大きな畝りとなっていた…。
そんな中に新撰組の沖田総司や坂本龍馬もいた…ある偶然が2人を繋ぎ心を通わせる、だがある時知ることとなる、2人は「敵」なのだと…。
斬る事が出来ずに悩む沖田、それでも日本を思い変えようと走り続ける龍馬、その日、沖田は肚をきめ愛刀「菊一文字」を手に龍馬の元へと向かう。
はたして沖田は龍馬を斬るのか…否か。

劇団そとばこまちがお贈りするノンバーバル公演第一弾「幕末」
定評のある殺陣やダンスに日本特有の伝統芸なども取り入れ、分かりやすくてキュッとなるハートフルノンバーバル、乞うご期待!!